集住率上昇2位の宮城、震災踏まえ計画的に集約: 日本経済新聞

東北でも住宅地や各種施設などを特定の地区に集めて効率を高める「集住」が進んでいる。2020年までの10年間に集住化が大きく伸びた宮城県は東日本大震災を踏まえ、計画的に集約を促している。割安な住宅を提供することで中心部に人を集めようとする自治体もある。人口減が急速に進むなか、行政サービス維持のため自治体の工夫が続く。宮城県は人口が集中する区域に住む人の割合を示す集住率の上昇幅が、都道府県で全国2
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCC277G90X21C21A2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。