認知症、世界で2050年に3倍 日本は増加率低く: 日本経済新聞

各国が認知症を減らす対策を取らないと、世界の患者数が2019年の5700万人から50年までに1億5300万人と約3倍に増えるとの推計を米ワシントン大などのチームがまとめ、6日付の英医学誌ランセットの姉妹誌に発表した。人口の増加や高齢化が主な原因。日本は生活習慣の見直しといった予防策の効果が出るため、分析の対象国の中で最も増加率が低いとされているが、それでも412万人から約1.3倍の524万人に
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUE070MB0X00C22A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。