茨城県つくばみらい市、県主体で住宅開発 集住進む: 日本経済新聞

住宅地や各種施設などを一定地区に集約して効率を高める「集住」の発想が、関東・山梨8都県でも広がりつつある。日本経済新聞社の集計で、人口集中地区に住む住民の割合を示す「集住率」が2020年までの10年間で大きく伸びた市区町村は、関東・山梨でも多くみられた。人口増が続く関東圏でも、地域の存続への危機感は根強い。埼玉県の北部に位置する上里町。集住率の上昇幅は19.4ポイントと関東・山梨で3番目に大き
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCC061TW0W2A100C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。