空気中のDNAから「周辺に生息する生物」を割り出す研究を複数のチームが進めている – GIGAZINE

動物は生きているだけで体毛や皮膚片、体液などを環境中に放出しており、これらを採取してDNAを分析することで、どの動物が生息しているのかを調べることができます。新たに、デンマークやイギリスの異なる2つの研究チームが、それぞれ独立して「空気中から動物のDNAを採取する」という研究を進めていると報じられています。
— 読み進める gigazine.net/news/20220107-collect-environmental-dna-air/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。