目指せ「トカイナカ」 佐賀・基山町、中心街に住民呼ぶ: 日本経済新聞

九州・沖縄の2020年の集住率は58.3%で、全国平均の70.0%を下回った。福岡都市圏など一部地域に人が集まる一方、離島や山間部では過疎化が進んでいる。集住率が高まれば行政サービスの効率化につながり、商業施設など民間投資の呼び水にもなる。街の機能を集約して住みやすさを高めた「コンパクトシティー」で住民を呼び込む。佐賀県基山町は18年、都市のコンパクト化を支援する国土交通省の「地方再生コンパク
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOJC284QJ0Y1A221C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。