東芝、研究開発に2年で3750億円 2割増額: 日本経済新聞

東芝は2024年3月期までの2年間で、研究開発費に合計3750億円を充てる。22年3月期までの2年間と比べると2割増となる見通しで、次世代太陽電池やパワー半導体分野の開発を加速する。東芝は24年3月期までにグループ全体を3つに分割する計画で、分割後も見据えて、将来の成長をけん引する事業の育成につなげる。23年3月期は1800億円、24年3月期は1950億円を研究開発に充てる。売上高に占める比率
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC27A150X21C21A2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。