揺れ動く米国によるルールに基づく国際秩序  WEDGE Infinity(ウェッジ)

米国はまだ世界最強の国であるが、相対的にその力が落ちていることは否めない。国際的なルールに基づく秩序は、法の支配を重視する民主主義体制と親和性がある。法治より人治の習近平政権、ますます独裁化するプーチン政権とは、相容れていない。
— 読み進める wedge.ismedia.jp/articles/-/25274

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。