年末年始の生乳大量廃棄回避 割引サービスなど、消費拡大追い風 | 毎日新聞

金子原二郎農相は7日の閣議後の記者会見で、牛乳や乳製品の原料となる生乳が年末年始に大量廃棄される事態を回避したと発表した。新型コロナウイルス流行の影響で飲食店向けの需要が落ち込み、廃棄の懸念が出ていた。乳業業界のPRやコンビニ、スーパーの割引サービスによる消費拡大に加え、乳製品工場が稼働率を引き上
— 読み進める mainichi.jp/articles/20220107/k00/00m/040/073000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。