市場、米利上げ年4回視野 金融引き締め加速に警戒: 日本経済新聞

市場で米国の金融引き締め加速への警戒が急速に強まっている。5日に公表された2021年12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、22年3月にも利上げを開始する可能性が示唆され、国債など保有資産の圧縮にも前向きな様子が伝わったためだ。市場は22年中に4回の政策金利引き上げを織り込みつつあり、長期金利は上昇している。急激な引き締めは株式市場や新興国経済にも影響が及ぶとの警戒も広がっている。
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUB073N50X00C22A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。