ゴールドマンが「新たな謎」指摘、米国債利回り急上昇の抑制要因 – Bloomberg

債券投資家は「新たなコナンドラム(謎)」に直面していると、ゴールドマン・サックスが指摘した。米金融当局が政策金利を引き上げても米国債利回りは低水準にとどまることに、投資家は首をかしげることになるという。
— 読み進める www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-06/R5AVDHDWLU6C01

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。