そのADHD、夜更かしが原因かも?|小児|精神疾患|医療ニュース|Medical Tribune

多動・衝動性と不注意を二大症状とする注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、18歳以下の約5%、成人の約2.5%に見られると報告されている。名古屋大学病院親と子どもの心療科准教授の高橋長秀氏らは、浜松医科大学と共同で「浜松母と子の出生コホート
— 読み進める medical-tribune.co.jp/news/2022/0107543138/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。