「集住」、滋賀・宮城が先行 全国自治体では3割どまり: 日本経済新聞

持続可能な都市経営を進めるには住民の居住地を集中させる「集住」が欠かせない。2020年の国勢調査を基に日本経済新聞社が集住率を算出したところ、10年比で向上した市区町村は3割の542にとどまることが分かった。上位自治体は中心地の利便性を高めることなどで誘導する。限られた資源をいかに効率的に活用できるかが、地域再生のカギとなる。総務省の国勢調査人口等基本集計を使い、1平方キロメートル当たり400
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCC08CKA0Y1A201C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。