都市部の「ポツンと農地」によって、2022年に「不動産暴落」が起きるかもしれないワケ(鷲尾 香一) | マネー現代 | 講談社(1/4)

土地政策で「2022年問題」と言われているのが、“生産緑地の指定解除”だ。もしかすると、22年には都市部に大量の住宅用地が発生し、住宅価格が下落するかもしれない。
— 読み進める gendai.ismedia.jp/articles/-/89741

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。