デジタル化で日本は豊かになるのか ー効率ではなく余裕が価値を生む(大原 浩) | 現代ビジネス | 講談社(1/8)

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。
— 読み進める gendai.ismedia.jp/articles/-/89700

効率が良い。は目的ではなく、手段よね。

効率によって生み出された時間が尊いと私は考える。

そこに人々の心を満たすチャンスがあると考える。

時間的、精神的に余裕がない時間の中では、

気づくこともなく過ぎ去ってしまったり、

気づいていても後回しにせざるを得なかったりする。

価値があるはずのものを価値があると認識できなかったりする。

『街づくり』でうたわれる何かであったり、

仕掛けであったりも、

そこが充実していないと、

見向きもされない。

だから、

余暇が充実する環境をコントロールする必要があると私は考えているから、

『働く環境の改善』をよく口にする。

せっかく仕掛けてくれている人の『仕掛け』に気づくか気づいても触れられない、価値として認識できないのがもったいないと思っている。

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。