米メルク、コロナ飲み薬の効果を下方修正 臨床試験解析 | 毎日新聞

米製薬大手メルクは26日、新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」が重症化や死亡を約50%抑えるとした臨床試験結果について、30%に下方修正した。10月の当初発表では患者約760人のデータを解析したが、今回は約1400人に増やしたという。
— 読み進める mainichi.jp/articles/20211127/k00/00m/040/115000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。