海洋に現れた生態系「プラスチック圏」の謎に迫る | 微生物がプラごみを食べてくれるの? | クーリエ・ジャポン

海洋に流れ出たプラスチックごみは、海の生態系を壊しているだけではなかった。プラスチックごみの上に乗って浮遊する生物からそれを食べる微生物まで、独自の生態系を育む場所を生み出しているという。プラスチックボトルは海洋ごみの大半を占め、概算では毎分100万本が海に流れ出ている。その最大の“罪人”がペットボトル(ポリエチレン…
— 読み進める courrier.jp/cj/268957/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。