白神山地の細菌酵素、コロナ肺炎重症化改善の効果 秋田大など発表 | 毎日新聞

秋田、青森両県にまたがる白神山地の土壌に生息する細菌由来の酵素に、新型コロナウイルス感染による肺炎の重症化を改善する効果があることを動物実験などで確かめ、秋田大などの研究グループが英科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」電子版で発表した。今後、治療薬開発への活用が期待される。
— 読み進める mainichi.jp/articles/20211125/k00/00m/040/043000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。