寒ブリ不漁か、前期の半減予測 正月商戦は魚高騰: 日本経済新聞

2021年末の正月商戦は魚介類の価格が総じて高そうだ。ブリは北陸の漁獲量が前期比で半減すると予測されている。秋サケは北海道で不漁が続き、イクラは過去最高値圏で推移する。不漁に加え、新型コロナ禍や原油高、円安も響く。マグロは海外の遠洋船が出漁を見合わせ、品薄で高騰。原料の多くを輸入するタコやカズノコ、カマボコも値上がりした。富山県の水産研究所(滑川市)は、今冬の「ブリ漁況予報」を発表した。脂のの
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCC224E30S1A121C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。