半導体不足の次は電池不足…自動車業界を次々襲うサプライチェーン問題で「2026年はピークの5%減産」 | Business Insider Japan

世界的な半導体不足に悩む自動車メーカーが、今度は車載用電池が足りなくなるおそれに直面しています。この懸念は今後数年にわたって続き、2026年には世界の自動車生産台数がピークの5%減産すると予測されています。
— 読み進める www.businessinsider.jp/post-246167

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。