北関東でドローン学校相次ぎ開設 潜水や農業利用も: 日本経済新聞

北関東でドローン(小型無人機)の操縦を学べる施設の開設が相次いでいる。2022年末にドローン操縦に国家資格が導入されることを受け、資格取得を支援する「学校」の需要が高まる見通しだ。ドローンはすでに趣味から実用までさまざまな場面で活用されており、農業利用や潜水など多様なニーズに応える施設も増えている。21年6月に成立した改正航空法により、ドローン操縦に国家資格が必要となることが決まった。現在は人
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCC184Y30Y1A111C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。