木製家具値上がり、巣ごもりで「室内に自然を」: 日本経済新聞

国内の家具メーカーで、椅子やテーブルなど木製家具の値上げが相次いでいる。材料の木材価格の上昇が主因だが、家具に使われる木材は「ウッドショック」と呼ばれて世間を騒がせた住宅建材用の木材高騰とは、実は樹種も値動きも異なる。値上げの背景には生活様式の変化や資源保護を目的とした伐採制限がある。「色や質感にこだわりがある」。関東に住む20代の女性は、テレビ台や机などの家具を、黒くて高級感のある木材のウォ
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC11D7T0R11C21A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。