名古屋市立大学が紫外線を使わない光殺菌技術の開発に成功、人体に害のない可視光線を瞬間的に照射 | TechCrunch Japan

名古屋市立大学は11月24日、人体に有害な紫外線を使わず、可視光線を使った光殺菌技術を開発したと発表した。ウイルスや細菌の殺菌に使われる紫外線ライト(UVC)は、人の細胞やタンパク質に強く吸収されるため有害とされている。名古屋市立大学が開発した技術は、人体に害のない可視光線を瞬間的に照射するというものだ。
— 読み進める jp.techcrunch.com/2021/11/24/nagoya-city-univ-visible-light-sterilization/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。