「内燃機関で脱炭素」トヨタが挑む水素エンジンの現実味:日経ビジネス電子版

各国首脳が英グラスゴーで気候変動対策を議論した先週末、トヨタ自動車の豊田章男社長は岡山県内のサーキットで自動車レースに参戦していた。電気自動車(EV)が脱炭素を実現する車として唯一の選択肢ではない、既存の内燃機関を使った自動車なら業界に携わる数百万人の雇用を維持できると訴えるのが狙いだった。
— 読み進める business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00030/111800280/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。