重症COVID-19において、肺アスペルギルス症の合併は本当に多いのか?:日経メディカル

一時期、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症病床に肺アスペルギルス症が多いのではないかという噂が世界的に広まりました。2020年の年末から年明けにかけての第3波あたりによく聞いたのですが、現在はあまり耳にしません。実際のところどうなのか、というのは色々な施設で研究されてきました
— 読み進める medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/kurahara/202111/572326.html

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。