処理水放出の環境影響「極めて軽微」 東電が評価: 日本経済新聞

東京電力ホールディングスは17日、福島第1原子力発電所事故でたまる処理水の海洋放出に伴う放射線影響評価報告書を公表した。計画通り放出すればトリチウム濃度が1リットルあたり1ベクレルを超えるのは発電所周辺の2~3キロメートルの範囲に収まると評価した。記者会見した松本純一・処理水対策責任者は「人や環境への影響は極めて軽微と確認した」と述べた。気象庁の海洋データを用いて処理水の拡
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUA174PH0X11C21A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。