ゼンリン、長野・伊那市にドローン用地図提供: 日本経済新聞

地図大手のゼンリンは長野県伊那市に、ドローン用の地図データを提供したと発表した。市内の河川を中心とした全長10.3キロメートル分の3次元地図で、同市が16日に始めたドローンを活用した公共配送サービスに使われる。ゼンリンによると、10キロメートルを超えるドローン向けの地図の実用化は、国内初だという。同市での配送サービスは住民から食品や生活用品の注文を受けると、スタッフが地元のスーパーで商品を集め
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOJC1684G0W1A111C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。