緑黄色野菜に含まれるカロテノイドは死亡リスク低下に関係:日経ビジネス電子版

ニンジン、トマト、ほうれん草、カボチャなどの緑黄色野菜や果物に豊富に含まれるカロテノイドを積極的に摂取すると、がんや心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中)による死亡のリスクが低下する可能性があることが、日本人を長期間追跡した研究で示されました。
— 読み進める business.nikkei.com/atcl/gen/19/00283/102200060/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。