米紙が予測する日本経済「短期的には明るい未来が待っているだろう」 | 日本人エコノミストたちの考察 | クーリエ・ジャポン

前回の景気刺激策との「違い」は?2021年の第3四半期、日本経済はふたたび縮小傾向を見せた。新型コロナウイルスに対する規制や、大手メーカーを直撃したサプライチェーンのひっ迫など、経済の基盤がなかなか固まらなかったためだ。
— 読み進める courrier.jp/cj/268042/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。