新米10月価格、13%安 コロナで需要減、下落続く – 産経ニュース

農林水産省は16日、令和3年産の新米の出回りが本格化した10月の出荷業者と卸売業者の相対取引価格が、玄米60キロ当たりの全銘柄平均で前年同月より約13%安い1万3120円だったと発表した。金額ベースでは1945円の下落となる。新米の出回りが…
— 読み進める www.sankei.com/article/20211116-JMFIGXCPVJMYBCZJ2FO3RSNRX4/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。