【コラム】中南米の食品事情パラドックス | TechCrunch Japan

中南米の農場や畑ではたくさんの食糧が生産されているが、それでも4700万人の人々が今も飢餓状態にある。この地域は果実、野菜、サケ、トウモロコシ、砂糖、コーヒーなど、世界の農水産物輸出量の約4分の1を占めている。農業は中南米の生計にとってなくてはならない部門であり、GDPの平均4.7%を生み出し、地域住民の14%以上..
— 読み進める jp.techcrunch.com/2021/11/16/2021-11-13-latin-americas-food-paradox/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。