「所得分配」政策こそが、成長戦略である“明白な理由” | 変異する資本主義 | ダイヤモンド・オンライン

岸田首相は当初、「分配なくして成長なし」と強調していたが、その経済政策の路線を「成長なくして分配なし」へと切り替えつつあるという見方も出てきている。この転換は、重大な意味をもつ。なぜなら、近年の有力な経済研究の成果が示すとおり、「分配」こそが「成長」の礎になることは明らかだからだ。そして、「分配なき成長戦略」こそが経済低迷を生み出してきたからだ。なぜ、そう断言できるのか? 本日発売の最新刊『変異する資本主義』(ダイヤモンド社)で、世界最先端の「成長戦略」の動向を分析した中野剛志氏が解説する。
— 読み進める diamond.jp/articles/-/287425

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。