水面に映るモミジ鮮やか 東本願寺の渉成園、初の夜間無料公開 | 毎日新聞

東本願寺の飛び地境内地で国の名勝「渉成(しょうせい)園」(京都市下京区)が、13日から夜間無料公開される。月を映すほど静かな水面が広がる「印月池(いんげつち)」を中心とした池泉(ちせん)回遊式庭園で、モミジが赤く色付き始めている。12月8日まで。
— 読み進める mainichi.jp/articles/20211113/k00/00m/040/050000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。