古くて新しい「自伐型林業」いま脚光 広がる持続可能な山林作り | 毎日新聞

山林の持続可能性を考慮した小さな林業が、北海道内で徐々に広がっている。太く真っすぐに育ちそうな木を見極めて周囲の木の間伐を繰り返す「自伐(じばつ)型林業」と呼ばれる古くて新しい取り組みだ。環境保全だけでなく、担い手の移住などで地域の持続的な活性化にも寄与すると期待される。【本間浩昭】
— 読み進める mainichi.jp/articles/20211113/k00/00m/040/159000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。