「星空保護区」に岡山・美星町が認定 国内3番目、町挙げて取り組み | 毎日新聞

1989年に全国初の光害防止条例が制定され、「星の郷」として知られる岡山県井原市美星町が、世界遺産の星空版ともいわれる「星空保護区」に認定され12日、岡山市内で認定証書授与式があった。国内では沖縄・西表石垣国立公園、東京・伊豆諸島の神津島に続いて3番目。井原市の大舌勲市長は「まずは自然が詰まった美
— 読み進める mainichi.jp/articles/20211113/k00/00m/040/067000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。