PETボトルを常温で分解し原料を高純度で回収する方式を産総研が開発、原料化温度を従来の200度以上から常温まで低下 | TechCrunch Japan

産業技術総合研究所(産総研)は11月8日、PET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂を常温で効率的に分解し、再利用を可能にする技術の開発を発表した。環境負荷やエネルギーコストが大幅に削減され、ペットボトルから新しい高品質なペットボトルを再生産する道が拓かれる。
— 読み進める jp.techcrunch.com/2021/11/09/aist-pet-recycle/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。