激化する豪雨災害 治水、水道、エネルギーの「三位一体」で克服:日経ビジネス電子版

愛知県は県内を流れる矢作川流域で“水循環”をキーワードに、再生可能エネルギーの導入による国土強靱化などを総合的にマネジメントする「矢作川カーボンニュートラル(CN)プロジェクト」に着手する。河川を巡る縦割りの仕組みを超えて「治水」「水道事業」「エネルギー」の3分野をひとつの施策に統合する仕組みだ。
— 読み進める business.nikkei.com/atcl/gen/19/00347/110500002/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。