新型コロナ: 福岡のITが飲食店向け集客アプリ デジタルで外食促す: 日本経済新聞

福岡のIT関連企業が相次ぎ、飲食店向けに集客アプリを提供している。新型コロナウイルス禍による営業時間短縮や「巣ごもり」消費などで落ち込んだ外食需要の喚起へ、デジタルを活用して来店につなげる。飲食店側はリピーターらの確保を期待し、これまで費用面から消極的だった中小・零細店を含めて導入が広がっている。もつ鍋の楽天地(福岡市)は10月、スタートアップのトイポ(同市)が提供するスマートフォン用アプリの
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOJC031WO0T01C21A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。