岡山大学らが甲虫の「死んだふり」を操る遺伝子の全貌を世界で初めて解明、天敵から逃れる戦略を制御するゲノム | TechCrunch Japan

岡山大学は、11月4日、甲虫が敵に遭遇したときに「動く」か「動かない」か、つまり逃げるか「死んだふり」をするかの違いがなぜ生まれるかを、DNA解析によって世界で初めて解明したと発表した。そこにはドーパミンや、寿命制御や概日リズム(体内時計)制御といった生命のタイミングに関連する遺伝子が関与しているという。
— 読み進める jp.techcrunch.com/2021/11/09/okayama-univ-playdead-dna/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。