ゴールドマン、超低金利時代の終わり近づきつつある可能性 – Bloomberg

ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは予想を上回るインフレ高進と巨額な政府支出によって、超低金利時代が終わりに近づきつつある可能性を指摘した。
— 読み進める www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-09/R29HIOT0AFB401

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。