ゲノム編集でトマト糖度3割高く 名古屋大や神戸大: 日本経済新聞

名古屋大学や神戸大学などの研究チームは、遺伝子を効率よく改変するゲノム編集技術を使って、トマトの糖度を高める方法を開発した。果実への糖分の蓄積に関わる遺伝子の働きを止めることで、糖度が3割高いトマトを作ることに成功した。既存の品種を簡単に高糖度に改良できるとしており、種苗会社などの利用を見込む。研究チームはトマトの実に糖分がたまる仕組みを調べて、ブドウ糖などがたまりすぎることを防ぐ物質をつくる
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC098PE0Z01C21A1000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。