オバマ氏、温暖化対策「残された時間ない」 COP26で演説 | 毎日新聞

米国のオバマ元大統領が8日、英北部グラスゴーで開催中の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で演説し、十分な地球温暖化対策を取るための「残された時間はなくなりつつある」と強調、各国政府や産業界に抜本的な措置への協力を求めた。
— 読み進める mainichi.jp/articles/20211109/k00/00m/030/134000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。