片倉工業、MBOで株式非公開化 従業員の出資も検討: 日本経済新聞

片倉工業は8日、同社の会長と社長によるMBO(経営陣が参加する買収)を実施して株式を非公開化すると発表した。発行済み株式のすべてを買い取り、その後は片倉工業の役員や従業員からの出資受け入れも検討しているという。実現すれば経営者と従業員による買収(MEBO)となる。かつて製糸業で栄えたが、非公開化で構造改革を急ぐ。片倉工業の佐野公哉会長と上甲亮祐社長が折半出資する会社が、片倉工業株を1株あたり2
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUB082BK0Y1A101C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。