「蜜入りリンゴ」の蜜、どうできる? 愛媛大開発の技術使って解明 | 毎日新聞

リンゴを半分に切って断面に黄色く透明な「蜜」があるとうれしくなるもの。愛媛大大学院農学研究科・和田博史教授(植物細胞システム計測学)らのグループが世界で初めて、ひときわ甘い芳香を放つ「蜜入りリンゴ」ができる科学的な機構の全容を細胞レベルで明らかにした。蜜は低温下で入りやすいといわれ、近年の地球温暖
— 読み進める mainichi.jp/articles/20211102/k00/00m/040/231000c

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。