茨城で就農支援加速 クボタの農機シェア、中古市場も: 日本経済新聞

新規就農者を支援する動きが茨城県で加速している。つくばみらい市は、トラクターを廉価でシェアリングし利用できる仕組みを導入。就農の壁になっていた初期投資負担を抑える。中古農機を割安に流通させる市場も登場。農機を購入しやすい環境も整い始めた。県内の新規就農者数は2019年度に減少。支援策で挽回を図る。ブーン。トラクターがうなりを上げて畝を走る。掘り取り機が作動すると、土の中からザクザクと大きなサツ
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCC302EO0Q1A031C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。