日経平均株価は、衆院選を無事通過したことで、25日移動平均線を割るまで「強気」でOK! 数十兆円規模が見込まれる岸田首相の「大型の経済対策」にも期待大!|最下層からの成り上がり投資術!|ザイ・オンライン

現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株が、相変わらず非常に強い動きを続けています。米国の相場を押し上げているのは、好調な企業業績です。一方、国内では、10月31日投開票の衆議院選挙で、小選挙区と比例代表を合わせた465議席の配分が決まりました。実際の選挙結果は「市場の期待に対するほぼ満点回答」で、その結果、11月1日の日経平均株価は、前週末比754.39円高の2万9647.08円と大幅高となりました。さらに岸田首相は11月1日の記者会見で、現金給付を含む経済対策を11月中旬に策定し、財源になる2021年度補正予算案を年内に成立させることを表明しました。経済対策の規模は数十兆円規模となる見込みで、これは今後の日本株の強力なサポート要因となるでしょう。
— 読み進める diamond.jp/articles/-/286538

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。