新型コロナのワクチン接種者の中でも「感染経験者」は接種2回目から6カ月後の抗体価が56%も多いという研究結果 – GIGAZINE

約2000人の医療従事者を6カ月にわたって追跡調査するという研究によって、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種者の中でも「感染経験者」は2回目のワクチン接種から6カ月経過した時点で56%も抗体価が多くなるという研究結果をアメリカのジョンズ・ホプキンズ大学の研究チームが発表しました。
— 読み進める gigazine.net/news/20211102-vaccinated-prior-infection-more-antibodies/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。