「コンビニおでん」販売縮小 ファミマは2割の店舗のみ: 日本経済新聞

コンビニエンスストア大手が店頭でのおでん販売を縮小している。ファミリーマートは2019年まではほぼ全店で取り扱っていたが、21年は約2割の店舗での提供にとどまる。ローソンは約4割だ。人手不足で従業員の作業負荷が高まっていた中、新型コロナウイルス禍が追い打ちをかけた。店頭の「冬の風物詩」の様子が変わりつつある。ファミマでおでんを販売するのは国内約3800店で、全約1万6千店の2割程度にあたる。フ
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOUC30AYT0Q1A930C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。