Microsoft、脱炭素の進捗をリアルタイム計測: 日本経済新聞

【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトは27日、企業が温暖化ガス排出を管理するためのクラウドサービスの試用版を公開した。現状の把握や対外的な報告書の作成、気候変動に関する今後の目標設定などに利用してもらう。脱炭素への取り組みを企業に求める動きが強まるなかで、課題だった「計測」を容易にする。工場の操業や輸送、製品の設計変更といった企業活動に伴う二酸化炭素(CO2)排出を、ほぼリアルタイムで
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOGN27EFW0X21C21A0000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。