新型コロナ: 中小企業の福利厚生事業、民間に移管 埼玉・入間: 日本経済新聞

埼玉県入間市は2022年4月から、市内中小企業従業員の福利厚生サービスを手掛けてきた入間市勤労者福祉サービスセンターを解散し、企業の福利厚生サービスを代行するリロクラブ(東京・新宿)に全面移管することを決めた。新型コロナウイルス禍に対応するため、窓口での手続きに代わり、パソコンやスマートフォンでも手続きができるようになり、利便性の向上が期待できるという。入間市とリロクラブは福利厚生サービスの移
— 読み進める www.nikkei.com/article/DGXZQOCC285N10Y1A021C2000000/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。