人工知能の基盤を制したNVIDIAと、AIチップの未来をめぐる攻防:後篇 | WIRED.jp

NVIDIAは2020年に英国の「ARM」を400億ドルで買収したことで、データセンター側を同社のGPUで支配しつつ実世界のエッジ側はARMによって支配できる体制を整えつつある。加えて米中間でAI開発が軍拡競争の様相を呈するなか、英国で最大かつ最も強力なAIスーパーコンピューターを構築することで、AI研究者たちの確保にも余念がない。ハードウェアによる計算能力の限界を打破できるかに深層学習の未来がかかる現在、激化するライヴァルたちとの攻防を追ったレポートの後篇。
— 読み進める wired.jp/

コメントを残す

Follow on Feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。